10月30日こども食堂

  • 2017.11.03 Friday
  • 20:29

翌日がハロウィーン!

受付に、ボランティアの田村さんの折り紙を飾りました。

お菓子も、ハロウィーン仕様ですよ。

 

 

今日のメニューは

 

(株)ゼロシステムズの本多様から頂いた「糠漬けの鯖」をメインに、

練馬の白石農園や斉藤様、福島の束原さまから頂いた野菜と、

つくばのきのこファームからいつも送って下さるきのこで

「ロールキャベツ」「ジャガイモとしめじのチーズ焼き」

「高野豆腐と椎茸、人参の煮物」「カボチャサラダ」

を作りました。

 

白山さまから珍しい牛タンを戴きましたので、これは焼いて出しました。

 

今日は人数が多くて、

牛タンも韓国海苔もジャガイモとしめじのチーズ焼きも途中でなくなって

しまいました。

 

富重さんが長野のりんごを沢山下さいました。

このりんごは皮ごと食べて欲しいということでしたので、

皮を剥かずに出しました。

 

 

島根の眞知子農園からは柿が届きました。

りんごも柿も美味しくて

あっという間になくなりました。

 

また、お名前が書いてない食材が届きました。

柿、みかん、お菓子、お米です。

届けて下さった皆様、ありがとうございました。

 

ボランティアの様子をご覧いただきましょう。

 

 

厨房内だけでは場所が足りなくて、

食堂でも調理することがあります。

今日は、皆で手分けしてロールキャベツを80個作りました

 

イラン人のAさんは、子ども達の人気者。

ペルシャ語、英語、日本語が堪能です。

「英語で梨は何て言うの?」「鯖は?」「ペルシャ語ってどんな言葉?」

質問攻めです。

 

 

ビュッフェスタイルです。何を食べようか、長〜く迷う子もいます。

 

今日のお土産は、

りんご、柿、鎌倉の小山さんがいつも送って下さるクッキー

ボランティアの梅田さんお手製のかぼちゃマフィン、そしてお米です。

 

今日は

経済産業省の方が、見学に来られました。若い男性三名です。

飲食店などの食品ロスの問題を真剣に考えておられ、

こども食堂の活動と接点が持てないか、或いは食品ロスの軽減に

こども食堂の取り組みが何か参考になるのでは、

と熱心に話を聞いて下さいました。
 

前々から、飲食店は、どのような見通しで食材を用意されるのか、

疑問に思っていました。

 

私達は、いつも多目に作っています。

残れば、ボランティアが持って帰り、翌日の朝ごはんにします。

 

今日は、見通しが甘く、途中で何種類かの料理がなくなってしまいました。

ご飯もギリギリでした。
 

プロとはいえ、一般の飲食店でも食材が無駄になることは多いようです。

そのロスを減らすアイデアがどんどん生まれそうな、

明るい未来を感じさせる経産省の方々でした。

 

 

後片付けが終わり、ミーティングの途中、ケーキが出てきました!

私の誕生日を祝ってボランティアの皆さんが

こっそり用意して下さっていたんです!びっくり! 

ボランティアの皆さんには、無理ばっかりお願いしているのに・・・

私は本当に幸せ者です。

 

今回も食材を提供して下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

こども33人 大人22人 大学生1人 見学5人 ボランティア15人 会館3人

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM